『病院AGA治療の費用と効果おすすめランキングの子守唄』を聴きながら…

薄毛が気になって皮膚科に通院していましたが、処方された塗り薬では薄毛を改善できると思えなかったので、AGAを専門に治療を行うクリニックに通院することにしました。
完全予約制になっているので他の患者さんと顔を合わせることもなく、リラックスして治療に専念することができました。
通院してからずっと頭皮の状態と毛髪の生え具合を写真で記録してもらっていたので、治療薬の効果は出ていることがわかり、自分に相性の良い薬を知ることができました。

◇抜け毛と薄毛についての悩み始めの時期◇
薄毛について悩み始めた時、敏感になってしまうのが、抜け毛です。
髪の毛を洗った時や、朝起きた時に抜けた毛を目にすると、それだけで不安を感じてしまう人は少なくありません。
ですが、人の髪の毛というのは生えた後、永久に伸び続けるのではなく、ある程度伸びたら、成長が止まり、自然に抜けてまた生えてくるというサイクルを繰り返しています。
ですから、抜け毛があるのは当然で、その事を悩みすぎる方が、ストレスとなり、薄毛を進行させてしまう原因となる事があります。

◇はげや薄毛は遺伝するものなのだろうか?◇
今、薄毛で悩んでいる方の中には、自分のお父さんやお祖父さんもハゲていたという方もたくさんいるのではないでしょうか。
自分のあらゆる細胞は、お父さんとお母さんから受け継いだDNAが支配していますから、顔立ちや身長などはどちらかに似るものですね。
ですから、ハゲという体質も遺伝のせいなのではないかと思うのも無理はありません。
今ハゲていなくても、自分の親が剥げていたら将来そうなってしまうのではないかと心配にもなりますね。
しかし、別に親が剥げていても絶対自分が剥げるというわけではありません。
ヘアケアの方法や栄養状態などが原因である場合は、自分が頭皮や栄養管理に気を付ければハゲることはありません。
ただAGAの場合は、男性ホルモンの分泌が多いという体質は遺伝している可能性がありますね。
これが原因だと、いくら頭皮をきれいにしても髪に良いものを食べても残念ながら効果はありません。
男性ホルモンが多すぎると毛周期が乱れてしまうので、やはりこの分泌をコントロールする必要があるのです。
現在ではプロペシアやフィンペシアなどの効果的な薬がありますから、クリニックで処方してもらって服用すれば抜け毛はストップできます。
遺伝的にハゲることは確かにあるのですが、あまり心配しなくても大丈夫です。