あの日の『病院AGA治療の費用と効果おすすめランキングの子守唄』と私の頭皮と…

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で、薄毛の症状のひとつである「男性型脱毛症」を意味します。
遺伝や男性ホルモン(テストステロン)が主たる原因と考えられており、他にも加齢や食事生活、生活習慣、ストレスといった要因が影響を与えていることもあります。
治療としては内服薬「プロペシア」で現状維持、外用薬「ミノキシジル」で発毛を促す方法があります。
また、生活環境を見直すことも重要です。先ずはAGA専門医に相談することから始めましょう。

◇まだ若いのにハゲが出来てしまいました◇
ハゲが出来てしまいましました。
ハゲが出来たのは私が就職してすぐのことです。
後頭部に円形脱毛症になってしまいました。
大きさは100円硬貨程度の大きさです。
後頭部だったのではじめはわからんかったのですが、友人に指摘されて気が付きました。
それからは気になり、いつも鏡で見ていました。
病院に行き相談したところストレスによるものだろうとの診断でした。
規則正しい生活をし、ストレスを発散するように助言を受けました。
できるだけ悩まないようにし、1年ほどでハゲは少なくなりました。

◇人はなぜハゲてしまうのだろうか?◇
中年になると髪にコシがなくなり本数が減りやがてはハゲてきます。
男性に圧倒的に多く女性にも見られます。
原因は遺伝がかなりの確率で多いです。
また同じような部分がハゲてくるので顔が似ていればまるでうり二つのようです。
他の原因は、ストレスからくる精神的なものです。
すぐに悩んでしまったり、くよくよする人に多いです。それと、帽子を被る職業の方も多いです。
それは帽子の中でかいた汗で頭皮が蒸れるからです。プロ野球選手には特に多く見られます。

◇薄毛をどうにかしたくてAGA治療を受けることに◇
物心がついたときには父の頭ははげていたので、自分もいつかははげるのかもしれないと感じていました。
しかし30歳になる前に、髪の毛が頻繁に抜けるようになったのでショックを受けました。
まだ容姿を気にする年齢だったこともあり、薄毛を改善したくてAGA治療を受けることにしました。
一人一人の体質や薄毛になる傾向などを分析して治療してくれるので、信頼できると感じました。
AGAに効果があるとされる薬を飲むようになってからは、薄毛が改善され満足しています。