ハゲの克服とAGA治療

30歳を過ぎたくらいから、朝起きると枕の周りに抜け毛が散らばっていることに気付きました。
病気かもしれないと心配になり病院に行ったら、私のハゲの原因はAGAだということがわかりました。
治療すれば薄毛が進行することをとめられる可能性があると分かったので、専門治療を行っているクリニックに通院しました。
薬を毎日服用して、1年間の通院をした結果、ハゲを改善することができました。
周囲の目を気にすることがなく自信が持てたような気がします。

◇ストレスが原因で円形はげができて、心療内科に行きました◇
職場の人事異動をきっかけに自分でもストレスを抱えているなと実感しながらも勤務を続けていました。
しかし妻から「あなた頭に10円玉サイズのハゲがある」と言われ、もうストレスを我慢できないと考えて心療内科を受診しました。
ストレスの影響でホルモンバランスを崩したのがハゲた原因だと言われ、神経症の治療を開始し1ヶ月休職しました。
現在では円形ハゲの部分は髪が生えて元通りになり、ストレスとも上手に付き合えるようになりました。
完璧に仕事をこなすという考えを改めています。

◇AGAに効果がある薬は輸入できるけど…◇
AGAは遺伝的要素や男性ホルモンの作用により引き起こされる症状です。
そのため、育毛剤など外用薬よりも、内服薬で治療をすることが効果が高いとされています。
AGA専門のクリニックを受診すれば、治療薬を処方してもらうことができますが、保険が適用されないので高い費用がかかります。
そのため、海外から治療薬を輸入する人も多くなっており、さいきんではジェネリック医薬品も輸入することができるようになりました。A
GAは薬を飲み続けなければ効果が出ないため、個人輸入をすることで費用を安く抑えることができます。
ただ、海外から輸入する、しかも個人で輸入するって不安がありますね。

◇出産後にハゲ始めたけど◇
10代の頃は黒髪のロングのストレートヘアが自慢で、髪にはすごい自信がありました。
20代に結婚して妊娠すると、自慢の黒髪のロングヘアがもっと濃くなって艶が出て喜んでました。
出産して子供の授乳が終わった頃から、艶があった黒髪の濃いロングヘアが細く痩せ細り、黒さが抜けて茶色っぽくなってちょっと櫛で梳かすとボロボロ抜けてハゲ始めました。
ハゲた事にショックを受けましたが、半年ぐらいすると次第に髪が濃くなってハゲが治りました。

◇若ハゲにならないように対策をしていますので、今のところはどうにか無事です◇
父は私が物心つく頃にはすでに完全にハゲていて、話を聞くと20代の頃から若ハゲだったということでした。
それを知ってからは、遺伝的に自分も若ハゲになってしまうのではないかと怖くなり、若ハゲに効果があると聞いた方法は全て試すようになりました。
対策の1つが、頭皮をマッサージすることです。
お風呂に入ったら、ゆっくり湯船につかりながら指で頭皮をマッサージするようにして、毛穴にも汚れがつまらないようにしています。
そしてお風呂からあがったら頭皮に湿り気を残さないようにしっかり乾燥させるようにしています。
食事も脂っこいものは極力避けるようにして、ミネラルが豊富なものを中心に食べるようにしています。
それらの対策の効果のおかげか、今のところは若ハゲにはなっていません。