ハゲの克服とAGA治療

30歳を過ぎたくらいから、朝起きると枕の周りに抜け毛が散らばっていることに気付きました。
病気かもしれないと心配になり病院に行ったら、私のハゲの原因はAGAだということがわかりました。
治療すれば薄毛が進行することをとめられる可能性があると分かったので、専門治療を行っているクリニックに通院しました。
薬を毎日服用して、1年間の通院をした結果、ハゲを改善することができました。
周囲の目を気にすることがなく自信が持てたような気がします。

◇ストレスが原因で円形はげができて、心療内科に行きました◇
職場の人事異動をきっかけに自分でもストレスを抱えているなと実感しながらも勤務を続けていました。
しかし妻から「あなた頭に10円玉サイズのハゲがある」と言われ、もうストレスを我慢できないと考えて心療内科を受診しました。
ストレスの影響でホルモンバランスを崩したのがハゲた原因だと言われ、神経症の治療を開始し1ヶ月休職しました。
現在では円形ハゲの部分は髪が生えて元通りになり、ストレスとも上手に付き合えるようになりました。
完璧に仕事をこなすという考えを改めています。

◇AGAに効果がある薬は輸入できるけど…◇
AGAは遺伝的要素や男性ホルモンの作用により引き起こされる症状です。
そのため、育毛剤など外用薬よりも、内服薬で治療をすることが効果が高いとされています。
AGA専門のクリニックを受診すれば、治療薬を処方してもらうことができますが、保険が適用されないので高い費用がかかります。
そのため、海外から治療薬を輸入する人も多くなっており、さいきんではジェネリック医薬品も輸入することができるようになりました。A
GAは薬を飲み続けなければ効果が出ないため、個人輸入をすることで費用を安く抑えることができます。
ただ、海外から輸入する、しかも個人で輸入するって不安がありますね。

◇出産後にハゲ始めたけど◇
10代の頃は黒髪のロングのストレートヘアが自慢で、髪にはすごい自信がありました。
20代に結婚して妊娠すると、自慢の黒髪のロングヘアがもっと濃くなって艶が出て喜んでました。
出産して子供の授乳が終わった頃から、艶があった黒髪の濃いロングヘアが細く痩せ細り、黒さが抜けて茶色っぽくなってちょっと櫛で梳かすとボロボロ抜けてハゲ始めました。
ハゲた事にショックを受けましたが、半年ぐらいすると次第に髪が濃くなってハゲが治りました。

◇若ハゲにならないように対策をしていますので、今のところはどうにか無事です◇
父は私が物心つく頃にはすでに完全にハゲていて、話を聞くと20代の頃から若ハゲだったということでした。
それを知ってからは、遺伝的に自分も若ハゲになってしまうのではないかと怖くなり、若ハゲに効果があると聞いた方法は全て試すようになりました。
対策の1つが、頭皮をマッサージすることです。
お風呂に入ったら、ゆっくり湯船につかりながら指で頭皮をマッサージするようにして、毛穴にも汚れがつまらないようにしています。
そしてお風呂からあがったら頭皮に湿り気を残さないようにしっかり乾燥させるようにしています。
食事も脂っこいものは極力避けるようにして、ミネラルが豊富なものを中心に食べるようにしています。
それらの対策の効果のおかげか、今のところは若ハゲにはなっていません。

あの日の『病院AGA治療の費用と効果おすすめランキングの子守唄』と私の頭皮と…

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で、薄毛の症状のひとつである「男性型脱毛症」を意味します。
遺伝や男性ホルモン(テストステロン)が主たる原因と考えられており、他にも加齢や食事生活、生活習慣、ストレスといった要因が影響を与えていることもあります。
治療としては内服薬「プロペシア」で現状維持、外用薬「ミノキシジル」で発毛を促す方法があります。
また、生活環境を見直すことも重要です。先ずはAGA専門医に相談することから始めましょう。

◇まだ若いのにハゲが出来てしまいました◇
ハゲが出来てしまいましました。
ハゲが出来たのは私が就職してすぐのことです。
後頭部に円形脱毛症になってしまいました。
大きさは100円硬貨程度の大きさです。
後頭部だったのではじめはわからんかったのですが、友人に指摘されて気が付きました。
それからは気になり、いつも鏡で見ていました。
病院に行き相談したところストレスによるものだろうとの診断でした。
規則正しい生活をし、ストレスを発散するように助言を受けました。
できるだけ悩まないようにし、1年ほどでハゲは少なくなりました。

◇人はなぜハゲてしまうのだろうか?◇
中年になると髪にコシがなくなり本数が減りやがてはハゲてきます。
男性に圧倒的に多く女性にも見られます。
原因は遺伝がかなりの確率で多いです。
また同じような部分がハゲてくるので顔が似ていればまるでうり二つのようです。
他の原因は、ストレスからくる精神的なものです。
すぐに悩んでしまったり、くよくよする人に多いです。それと、帽子を被る職業の方も多いです。
それは帽子の中でかいた汗で頭皮が蒸れるからです。プロ野球選手には特に多く見られます。

◇薄毛をどうにかしたくてAGA治療を受けることに◇
物心がついたときには父の頭ははげていたので、自分もいつかははげるのかもしれないと感じていました。
しかし30歳になる前に、髪の毛が頻繁に抜けるようになったのでショックを受けました。
まだ容姿を気にする年齢だったこともあり、薄毛を改善したくてAGA治療を受けることにしました。
一人一人の体質や薄毛になる傾向などを分析して治療してくれるので、信頼できると感じました。
AGAに効果があるとされる薬を飲むようになってからは、薄毛が改善され満足しています。

『病院AGA治療の費用と効果おすすめランキングの子守唄』を聴きながら…

薄毛が気になって皮膚科に通院していましたが、処方された塗り薬では薄毛を改善できると思えなかったので、AGAを専門に治療を行うクリニックに通院することにしました。
完全予約制になっているので他の患者さんと顔を合わせることもなく、リラックスして治療に専念することができました。
通院してからずっと頭皮の状態と毛髪の生え具合を写真で記録してもらっていたので、治療薬の効果は出ていることがわかり、自分に相性の良い薬を知ることができました。

◇抜け毛と薄毛についての悩み始めの時期◇
薄毛について悩み始めた時、敏感になってしまうのが、抜け毛です。
髪の毛を洗った時や、朝起きた時に抜けた毛を目にすると、それだけで不安を感じてしまう人は少なくありません。
ですが、人の髪の毛というのは生えた後、永久に伸び続けるのではなく、ある程度伸びたら、成長が止まり、自然に抜けてまた生えてくるというサイクルを繰り返しています。
ですから、抜け毛があるのは当然で、その事を悩みすぎる方が、ストレスとなり、薄毛を進行させてしまう原因となる事があります。

◇はげや薄毛は遺伝するものなのだろうか?◇
今、薄毛で悩んでいる方の中には、自分のお父さんやお祖父さんもハゲていたという方もたくさんいるのではないでしょうか。
自分のあらゆる細胞は、お父さんとお母さんから受け継いだDNAが支配していますから、顔立ちや身長などはどちらかに似るものですね。
ですから、ハゲという体質も遺伝のせいなのではないかと思うのも無理はありません。
今ハゲていなくても、自分の親が剥げていたら将来そうなってしまうのではないかと心配にもなりますね。
しかし、別に親が剥げていても絶対自分が剥げるというわけではありません。
ヘアケアの方法や栄養状態などが原因である場合は、自分が頭皮や栄養管理に気を付ければハゲることはありません。
ただAGAの場合は、男性ホルモンの分泌が多いという体質は遺伝している可能性がありますね。
これが原因だと、いくら頭皮をきれいにしても髪に良いものを食べても残念ながら効果はありません。
男性ホルモンが多すぎると毛周期が乱れてしまうので、やはりこの分泌をコントロールする必要があるのです。
現在ではプロペシアやフィンペシアなどの効果的な薬がありますから、クリニックで処方してもらって服用すれば抜け毛はストップできます。
遺伝的にハゲることは確かにあるのですが、あまり心配しなくても大丈夫です。